半身浴の正しいやり方

半身浴とは体の胸から下の下半身部分だけをお湯につかる入浴方法で38度から40度くらいの体温よりやや高いくらいのぬるめのお湯に約30分位ゆっくり入浴します。全身浴とは違い肺や心臓への負担が少ないので高齢者や妊婦の方などにも安心で安全な入浴方法で、体の半分だけをお湯につけるだけなのですが、全身浴よりも体を温める効果は高く、入浴後はポカポカした状態が持続し、冷え性の方にはとても効果的です。デトックス効果があることでも有名で、サウナなどの体に負担が大きい方法より、体に負担が少なく体が発汗をしますので、副作用の少ない健康法として注目されています。この入浴をする前に注意することは、湯船に入る前の掛け湯で上半身にはかけてはいけなく、お湯に使っている状態ではリラックスをして腕をお湯から出すことが大事で、寒い冬時期などには上半身にタオルを巻いたり、浴室を暖房などで暖かくして入るなどの方法をとると続けやすいです。また冬などは30分位、お湯につかっているとお湯の温度が徐々に下がってきますので熱いお湯をたして温度をキープします。その後に体を洗って、軽く全身浴をしたら最後に足や手に冷たい水をかけて修了となります。