あなたの脚はどうしてむくんでしまうのか

 

 

長い間立っていたり、同じ姿勢を続けていたりした後、脚がむくんだり、だるい感じがするといったことは多くの人が経験していることでしょう。
足首の少し上を指で20秒くらい押して離してみると、しばらく押した跡が残っているようならむくんでいるといえます。
また夕方になると靴がきついと感じるのもむくんでいるからです。
ではむくみはどうして起きるのでしょうか。
主な原因は血液とリンパの流れ悪いことです。
同じ姿勢をしていたためや運動不足などの理由で血流は妨げられます。
また冷房や体が冷えるような服装によっても血流やリンパの流れは悪くなります。
締め付ける服装も血流を妨げる原因になります。ガリバー買取
そのような時には、衣類に気をつけたり、足湯などで体や足を温めるようにして、体を動かすようにしましょう。
そして下から上に向けてふくらはぎをやさしくマッサージをするようにします。
また眠るときには、足を高くすることで血液やリンパ液が流れるようになってむくんでいるのも解消します。
次に多い原因としては塩分の取りすぎです。
血液中の水分が血管やリンパ管の外に浸み出してしまうことでむくむこともあります。
インスタント食品や塩分の多いものを控えることで解消するでしょう。
そのように一過性のものなら心配はありません。
しかし腎臓や肝臓などの病気でむくむ場合もあります。
いつまでもむくんでいるときは病院で診てもらうことが必要です。